回り道はちょっと苦手だよ。

日々の記録と趣味と酒。

映画二連発。

昨日はこの世界の片隅に、今日は君の名は。

 

君の名はは流行りに負けて見に行けなかったんだけど、見たらなんだかんだで好きでした。 まさにアニメだからできるSFって感じ。

対してこの世界の片隅には、アニメだからできるリアルというか、こういう時代があったんだなあって現実に押し潰される。

 

選ばなかった未来が夢で見続けてる夢が現実、って表現がこの世界の片隅ににあって、それを見てから夢から現実を掴み直す君の名ははなかなかに心に効いた。