回り道はちょっと苦手だよ。

日々の記録と趣味と酒。

マッサージ3

最近開拓したとこ。

今までみたいなマッサージじゃなくてリフレ、しかも店側がメイドさんが可愛いと銘打ってるタイプお店。

危ないお店ではなさそうだし行ってみるかってことでど平日から電話かけて予約して突っ込んだ。

 

まあ秋葉原にありがちな雑居ビルの一角。通りは普段行かないところ。

 

エレベーター上がって入って靴脱ぐけど、ここはスリッパなし。目の前がレジで先会計、そのままスペースに案内されてマットとクッションしかないとこで待つ。すげー手持ち無沙汰な瞬間。

 

しばらくしたらメイドさんが来る、すげー可愛い。お願いしますーとか言われて正座に正して頭を下げるレベル。というか頭を下げた。

 

中身はまず向かい合わせに座ってハンドマッサージ、正直真っ向から見て思った以上に可愛くて気後れしてた。ここら辺からさらさらと話せる人はいいなあと思う。

横になって背中、普通のマッサージと違って思いっきり馬乗りになってくる。

足踏みは足まわりだけ、ここらへん話すことがイマイチ突っ込んでいけなくて無言。足がガチガチだったのでマッサージ的にはよかったけどリフレ的には敗北主義者である。

最後は頭のマッサージ、といいつつめっちゃ膝枕される。一回目測を誤って高い位置行っちゃって笑われたりする。

 

この辺で何かしらネタを振っておこうと思ってコミケの話したらうまいこと通じる人だったので、そのあとは結構話せた。向こうはキモい変なのとしか思ってなかっただろうけどねブヒブヒ。

なかなかに知見を得られたので、これはこれで金を払った価値があったと思ってる。

 

総合的に見て、これはマッサージ店じゃなくて可愛い女の子と話に行く店ですね。ただちゃんとキャッチボールできたら(またはできた気になれれば)楽しい。最後あちらの話に色々突っ込んで行けたのはコミュ障的によかった。

ただついた子だけじゃなくて店内で見た子もめちゃくちゃ可愛い子ばっかだったので、また人としゃべる自信を喪失したら行きたいと思います。